ショッピングとキャッシングは限度額共有?

キャッシングベスト3

クレジットカードのショッピング枠はキャッシングと共有ですか?

クレジットカードにキャッシング枠も付けていると、買い物もできてお金も借りられて言うことがありませんね!だからおかげで一枚持っているだけでもどこに行く時でも安心…だったのですが、最近になって不安があるんです…。

クレジットカードには限度額ってありますよね?限度額があるって事は当然その額まで買い物をすれば使えなくなるという事ですが、この限度額はキャッシングと同じ枠なのでしょうか?だから買い物をしすぎるとキャッシングができなくなって、キャッシングを使いすぎると買い物ができなくなるのでは…と心配しています。

どちらの用途でも使えるのに、どちらかを使いすぎてしまうと使えなくなる…なんて正直不安です!クレジットカードの限度額のシステムについて教えていただけませんか?

買い物と融資は別々の限度額が設定されています

日常的にカードを使う人にとっては、限度額というのは気になるわよね。だから出来るだけ多くの額が使えるカードを用意したいとみんな願うのだけど、それでもキャッシングと共同で使う枠だった場合、足りない事も十分考えられるわね。

だけど、その心配は無用よ。クレジットカードはキャッシングを付ける事で買い物と融資に使えるのだけど、用途によって別々の枠が設定されていて、限度額も全く違ってくるわ。だから、どちらかが限界に達していても、片方はまだ使えるという事で間違いは無いわね。

買い物で使う枠はショッピング枠といって、買い物でしか使えないし現金化は違法なのだけれど、総量規制対象外だから、収入から見ても十分な枠が用意しやすいのよ。特に良く使ってきっちり返済している人ならば、かなりの限度額を用意してもらう事が出来て便利ね。

融資で使う枠はキャッシング枠といって、現金を用意する事が出来る分、使い勝手としてはかなり良いわね。ただ、翌月一回払いでも利息は取られるでしょうし、総量規制にも注意しないといけないの。だから、あまりにも融資ばかり使ってしまう…というのなら、私は別途カードローンを持つ事をお勧めするわ。買い物だけのカードと融資だけのカード、二枚持ちだと二つの良さがより際立つ感じかしら。

こんな感じだから、二つの枠の限度額をチェックして、効率的に使っていきなさい。もちろん無駄使いをしてしまってはせっかくの便利なカードも台無しになってしまうのだけど、きっちり必要な時に必要な枠を、それぞれ用意された限度額で使えるのはやっぱり安心できるわよ。

クレジットカードショッピングの支払はキャッシングで一括払い

クレジットカードで高額の支払いをすると、往々にしてリボ払いを選択することになります。しかし、この方法はあまり賢い方法とは言えません。買うものによりますが、一括払いをして支払をキャッシングしたお金で賄うという方法が一番賢い方法になります。

クレジットカードでショッピングした際のリボ払いは、信販会社からの借入と同じことです。そしてその手数料率は一般的には、カードローンの利率より高いのです。そのため、リボ払いをするよりは一括払いの方法を選択した方が有利なのです。

この際、買い物の時期をずらすことでカードローン自体の利息を減らすことが可能です。クレジットカードには締日があります。締日の翌日に買うことで、支払日を1か月ずらすことが可能です。クレジットカードの種類にもよりますが、このような調整をすることで買い物をしてから2か月程度経過後にしか引落はされません。もちろん、百貨店等でボーナス一括払いを選択できるようであればその方が有利であることは言うまでありません。

また、カードローンの利息計算は日割計算ですから、決済日に借入をすることで利息を少しでも少なくすることが可能です。最近のカードローンは、コンビニのATMを利用することが可能であり、カードローンの借入と決済口座への入金を同時にすることができますかに便利です。せっかくの便利な手段ですから有効活用したいものです。

カードローンを持っていない人は、この機会にぜひ契約することをお勧めしたいのですが、信販会社と銀行では銀行の方が有利な条件で借りることができる場合が多いです。信販会社は、貸金業法の関係で年収の3分の1までしか融資枠の設定ができませんが、銀行にはそのような制限がないので往々にしてそれ以上の融資枠設定が可能です。

カードローンの利率は、融資限度額と反比例しています。融資限度額が大きいということは、利率が低いということも意味します。このようにして契約したカードローンを使うことで、リボ払いよりはるかに有利に高額商品のショッピングが可能になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※のびのび教育!※審査が簡単!?教育ローンも豊富な金融サイト All Rights Reserved.