出産費用が払えない場合の対処法について

キャッシングベスト3

出産費用が払えない時の解決策を教えて下さい

再来月には出産を控えている妊婦です。今回はそれに際して問題が生じましたので、ご相談に来ました。

問題というのは、有り体に言ってしまえばお金です。私と夫はあまり経済的余裕が無く、お互いの両親の反対を押し切って逃げるようにして結婚した為に、身内に味方というのはほぼ存在していません。だから高額な出産費用を払う事が出来ない為に、今からどうしようかと途方に暮れています。かといってもう産まないという選択肢もありません。

だから、出産費用が払えない時の解決策について教えていただけませんでしょうか?少子化だと言うのに未だに高額な出産費用を国が助けてくれるとも聞いた事がありませんし、皆さんはどうやってこの費用を捻出したのでしょうか?どんな方法でも良いから教えて下さいませんか?

とりあえず融資を利用してみてはどうでしょうか?

私も今現在一児の母です。質問者様と同じく経済的に余裕が無かったもののちゃんと産んであげたかったので、何とか出産に踏み切りました。今では子供も元気に育っていますので、本当に嬉しく思います。だから、私の実体験からのご助言を送りたいと思います。

私たち夫婦が出産費用を捻出する為に行ったのは、カードローンでした。カードローンというと銀行や消費者金融が発行しているお金が借りられるカードで、一ヶ月どころか一週間もあれば作れるところが多いです。最短で即日には借りたりもできますから、現時点から申し込めば十分間に合うと思いますよ。旦那さんの収入で返済するのなら、旦那さん名義で作ってもらう方がスムーズに話は進みますよ。

ただ、後から知ったのですが、実は役所に相談することで、出産費用の貸し付けを行ってくれるらしいのです。貸し付けには条件があるものの無利息で借りられるらしく、さらに出産の一時金の範囲内で用意してくれたりしますから、後の生活にも響かないので、私としてはこっちがおすすめかもしれません。カードローンを作っておけば出産以降もお金がかかる子供に役立てる事ができますが、やっぱりそれは後からでも作れますので…。

仮にカードローンで借りたとしても、先に説明した出産費用の還元みたいな制度もありますから、それがどれくらいか調べておいて、カードローンで借りる額を調整すれば、そこまで金利負担も気になりませんよ。何してもお金が無くても産みたいなら、どのような形でも融資に頼れば楽になるのを忘れないで下さいね。

出産費用を払えないときのためのキャッシングサービス

20歳台の後半には結婚して子供を授かりたいという願いは、多くの若い女性が持っているものですが、いざ出産するとなると若い夫婦に大きな出費がのしかかるのが現実です。もちろん、現在では少子化対策の一環として多くの補助金が出産時に支給されますが、それでも重い負担であることに変わりません。

病院などに支払わなければならない現金は、取り敢えずはキャッシングサービスで融資を受けることにより、用立てることができます。キャッシングは多くの銀行、消費者金融業者、クレジットカード会社、信販会社が提供しているサービスで、カードローンと呼ばれることもあります。使用用途は事業を目的としないのであれば何に使っても問題ありません。もちろん、出産費用に充てることも可能です。

安定した収入さえあれば誰でも利用できるキャッシングは、出産を控えた若い二人でも十分に借りることができます。出産費用は50万円前後ですが、どの業者であってもそのくらいの金額なら大抵貸してくれます。実質年利は10%から20%くらいなので、長く借りない限りは利息が大きく膨らむこともありません。借りるのに担保や保証人も不要で、申し込みから借入までの期間を非常に短くできるのが、このサービスの特徴です。

融資を受ければ当然返済をしなければなりませんが、返済についてはほとんどの業者が借入額に応じた金額を毎月払う約定返済を基本として、好きなときに好きな金額を返済できる随時返済も可能としています。出産費用が払えないならば、出産前に融資を受けて費用を病院に支払い、出産後に補助金が支給されてから随時返済でまとめて返済することもできます。

子供のためにはきちんとお金をかけてあげたいというのは、どの親でも共通の思いです。これから一生の付き合いになる赤ちゃんに対して、個室などのできるだけ良い環境を提供してあげたいと考えるのもまた然りです。そんな両親の真摯な気持ちを、キャッシングサービスは最大限にサポートしてくれます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※のびのび教育!※審査が簡単!?教育ローンも豊富な金融サイト All Rights Reserved.