教育ローン審査のコツと必要書類は?絶対借りたいんです!

息子が大学へ入ると同時に一人暮らしを始める予定なので、仕送りもしなくてはなりません。私もパートを探しているのですがなかなか見つからず困っています。

そこで学費については、とりあえずローンを使おうということになりました。教育ローンの審査や必要書類について教えてください。

本人確認書類以外に年収証明書と学費納付書が必要です

教育ローンは、子供の教育費のために親が借りるということが多いのですが、本人がキャリアアップのために専門学校などの費用を借りることもできますよ。自分の将来で迷った時にはなかなかローンのことは思いつかないものですが、こういうときこそ教育ローンが頼りになります。教育ローンは銀行にも消費者金融にもありますから、必要な学費の額などに応じて借入先を選びましょう。

よく知られているものには国の教育ローンがあります。政策公庫から借り入れるのですが、世帯の収入が一定額以下という制限があってどの家庭でも審査を受けれるとは限りません。また本人が自分の教育資金を借りる場合は、20歳以上でも正規雇用であることなど条件があります。

また公庫では金利の他に保証料として1%相当分をとられるということも覚えておきましょう。ただし連帯保証人を立てることで、この保証料は無料になります。でもこんなことは身内でもなかなか頼めるものではありませんよね。連帯保証人はお金を借りた人と同等に返済義務があるので、滅多な事では頼めるものではありません。

その点、一般の銀行などの教育ローンであれば、保証人は不要ですので気軽に申込むことができますよ。また必要書類も、公庫からの借入よりは少なくて済みます。通常は本人確認書類、年収証明書、そして学費納付書などです。ただし借入先によっては必要書類が若干異なったり追加になることもあり、カードローンのようにどこでも同じという訳ではありません。特に学校の入学手続きに関する書類は、全て残らず保管しておくようにしておきましょう。

学費は通常数年に渡って支払うものですから、一括で借入れると管理が難しいこともありますよね。教育ローンの中には、カードを使って小分けして借りることができるようになっているものもあります。次年度以降はいくら必要になるかわからない人や、借入額はなるだけ最小に抑えたい人にはお薦めですね。

消費者金融でも、多目的ローンとして教育資金を借り入れることができます。金利は一般のカードローンよりは低いのですが、銀行に比べるとどうしても高い目です。ただし必要書類も少なくて済み、審査も早く融資を受けることができますから、急いでいる方にはいい方法ですよ。何とかなると思ってたらやっぱり無理だったなんていう時には、とても頼りになる存在です。いずれにしても、このようなローンは業者によって必要書類も内容も異なります。学費を支払ってからでも審査は可能ですので、複数の業者を当たって時間をかけて選ぶようにしましょう。

子供の教育ローンは審査に通りやすいですか?

子供を私立中学に入学させたいのですが、教育ローンを利用する予定です。色々な銀行の教育ローンの中で、検討しているのですが、教育ローンの審査は通りやすいですか?中学の入学金と授業料などを教育ローンを利用して支払いたいので、できるだけ審査に通りやすいところを探しています。あと気になっているのは、審査に通るために自分たちには何が出来るのかということです。審査に通りやすい親になるためにはどうすればいいでしょうか?

収入状況によって教育ローンの審査結果は大きく異なります

親御さんの収入状況によって、教育ローンの審査結果は大きく異なります。同じ銀行の教育ローンに申込みをしても、それぞれの収入状況に違いがあれば、審査結果は変わってきます。ローンの審査は単純に収入の有無を見るだけではなく、どのような仕事をして収入を得ているのか、勤続年数はどのくらいか、他に借金はないか、ローンを契約するのに十分な収入はあるのか、といったように様々なポイントを見ることになります。もし問題があるようなら、教育ローンの審査に通ることは難しくなるでしょう。

入学金や授業料を支払うためのローン利用は珍しくはありませんが、審査に落ちてしまう、どうしても審査に通れない、というようなケースは多いのです。必ずしも教育ローンを利用できるわけではないので、まずはどうしたら審査に通ることができるかどうかを十分に考えておきましょう。

ローン審査に通るために親御さんができることとしては、やはり収入面に余裕を持たせておくことでしょうね。父親だけではなく母親にも収入があるような場合は、その分だけローンの支払い負担も減ることになるので、借りた分のお金をしっかり返せる状況にしておくことが重要です。

借りても返済ができないのでは?と思われてしまうと、審査に通ることは難しくなります。これは教育ローンに限ることではなく、住宅ローンやマイカーローンといったサービス、カードローンなどのキャッシングサービスを利用する際にも同様に言えることです。まずは確実に返済ができるかどうかをよく話し合い、結論を出すようにしましょう。

また、銀行での借入を考えているということですが、その点は問題ありません。銀行は低金利のローンとなっているので、高額を借入しても返済負担がかかりにくいことが特徴的です。しかし、銀行の審査に通れないからといって消費者金融などでお金を借りるようなことはやめておいた方がいいでしょう。消費者金融は銀行に比べて金利が高めです。教育費用のためとして同額を借入したとしても高金利が影響してしまうので、銀行で借入した方が圧倒的にお得ですからね。利用するなら銀行の教育ローンを利用するようにしましょう。

私はこんな理由で借りました!

年齢に関係なく借りられる

やっぱり年齢というのは人生に影響を与えるもので、最初はカードローンについては何度も考えさせられました。どうせ借りられないのだろうと思っていたのです。

特に自分は今までにカードローンなんてしたこともありませんでした。ですが、ネットからでキャッシングができる時代になっているので、気持ちを奮い立たせて申請をしてみることにしたのです。

確かに現代ではネットからでもキャッシングが出来るようになっているようで、若い自分でもちゃんと審査通過し借入も出来るようになりました。

急な出費に即日融資で対応!

会社のOLとして長年同じ企業で働いていますが、1週間に1回は絶対にある飲み会。飲み会は、部長の一言で決まるので、何曜日にあるか分かりません。財布にお金が入っていない時に飲み会があると、とっても困るんです。

かと言って、いつも財布に現金を入れて持ち歩くのは嫌ですし。でもおごって?とは部長には言えませんし。

そんな私を助けてくれたのが、カードローンの即日融資なんです。スマホからカードローンを申込んだら、1時間しないうちに現金を銀行口座に振り込んでくれました。これからも時々お世話になろうと思ってます!

家族揃っての旅行の為に借入しました

娘が家を離れる事になり、家族旅行を計画しました。妻と娘と息子の4人での家族旅行はそれ程贅沢をしなくてもかなりの出費です。父親として任しとけ!と言った手前資金を何とかしなくてはと考えていました。

カードローンを申し込むのも良いかと思いましたが、なかなか踏み切れずにいました。そんな時友人がATMで簡単に借入しているとやり方を教えてくれたのです。キャッシュカードを使うのと同じ要領で借金と言う位感じはありませんでした。

これならとさっそく申込みました。ネットで必要事項を入力し、送られてきた書類を返送するだけで良いとの事、しかも申し込んだその日に振込入金!本当に助かりました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 ※のびのび教育!※審査が簡単!?教育ローンも豊富な金融サイト All Rights Reserved.